【約束のネバーランド】グランマ役の声優は小山茉美!ほよよ?アラレちゃんの声の人?

約束のネバーランドで、鬼と農園を繋ぐキーパーソンでもある謎多きキャラクターのグランマ。

アニメの第3話でついに登場(声だけ)しましたが、その声は一体だれが担当しているのでしょう。

今回は、グランマを演じる声優さんについて調べてみました。

グランマの声優は小山茉美さん

アニメ約束のネバーランドでグランマ役をつとめるのは小山茉美さん。

早速、小山さんのプロフィールを見てみましょう。

小山茉美(こやままみ) 声優・ナレーター
愛知県西尾市出身 1955年1月17日生 山羊座A型
愛知県立西尾高等学校卒
1973年愛知江南短期大学入学と同時に国際青年演劇センター名古屋スタジオ・劇団シアターウィークエンドの第一期生となる。同年、NHKラジオ芸術祭参加作品「16歳のかくれんぼ(山田太一氏・脚本)」の主演に抜擢され、NHK総合テレビドラマ「キヨコは泣くもんか!」のレギュラー出演で女優として本格デビュー。その後、現・青二プロダクション所属声優となり、ラジオ局アニメ誌などの声優人気投票では1982年から3年連続各社グランプリを獲得。いわゆる声優ブームを築いた一人。現在番組ナレーターとしても活躍中。

引用:小山茉美オフィシャルサイト

小山さんは初めから声優だったわけではなく、最初は舞台女優として活躍されていたそうです。

テレビドラマデビューの「キヨコは泣くもんか!」は1975年放送なので、劇団入りからわずか2年でテレビのレギュラーに抜擢されたことになります。

すごいですね。当時からかなりの実力があったのではないかと思われます。

そして同年、テレビアニメ「一休さん」の桔梗屋弥生役で声優デビューをはたします。

代表作は何といってもアラレちゃん!

そんな小山さんの代表作といえばDr.スランプ アラレちゃんの主人公「則巻アラレ」役ではないでしょうか。

独特な声に独特なフレーズで当時モノマネする人も多かったですね。

「キーン」と走ってきて「んちゃ!」っと挨拶し、困ったら「ほよよ」といって大人たちを困らせていた子供たちがいたる所にいました。

実は小山さんもあの声を出すのはちょっと大変だったみたいで、オーディションの時にとんでもない声を出したらそれが採用されて、その声を維持するのに苦労したそうです。

参考:Wikipedia-小山茉美

そんなアラレちゃんの声のイメージでいると、約ネバのグランマ役は随分かけ離れている印象です。

しかし、よくよく考えたら「Dr.スランプ アラレちゃん」の放送開始は1981年ですし、いくら代表作だからといってすべて「んちゃ!」のテンションで演技するのも無理がありますよね。

現在までに相当なキャリアを積んでこられていますし、アニメの声優だけではなくてTBSの「報道特集」やTV朝日の「報道ステーション」など報道番組のナレーションなども務めています。

約束のネバーランドでもグランマのイメージにピッタリの演技をされていました。

色々な声が操れる、まさにプロのお仕事だと思います。

ちなみに「Dr.スランプ アラレちゃん」はYouTubeの週刊少年ジャンプ創刊50周年公式チャンネルで第5話まで無料公開されているので興味のある方は、視聴してグランマの声と比べて見るのもいいかもしれませんね。

最後に

  • 約束のネバーランドのグランマ役の声優は小山茉美さん
  • 代表作は「Dr.スランプ アラレちゃん」の則巻アラレ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です