【約束のネバーランド】作画担当の出水ぽすかさんってどんな人?年齢や性別も調べてみた

約束のネバーランドの作画を担当しているのは出水ぽすかさん。

原作の白井カイウさんといい、ちょっと変わった名前ですよね。

絵の独特な雰囲気といい、とても不思議な印象を持ちます。いったいどんな人なんでしょうか?

そこで今回は出水ぽすかさんについて調べてみました。

出水(でみず)ぽすかさんの年齢や性別は?

出水ぽすかさんのプロフィールですが、オフィシャルウェブサイトによると、

1988年1月17日生まれ
東京都在住。都内某国立大卒。
現在フリーランスで活動しています。

引用:ぽすかのくさむら

ということです。

1988年生まれですので、年齢は30歳ということになりますね(2018年12月現在)。

性別は女性です。

本名は非公開ということで、わかりませんでした。

ちなみに、フジテレビONEで放送されているバラエティ番組「漫道コバヤシ」で開催されているマンガ賞「漫道コバヤシ漫画大賞」に約束のネバーランドが2017年のグランプリとして選ばれた際に、出水ぽすかさんが番組出演されました。

顔は残念ながらフルフェイスのヘルメットをかぶっているのでわかりませんが、髪の色が緑です!

外見も含めて、謎も多くとても不思議な方だということがわかりました。

約ネバの他にどんな作品を描いている?

そんな出水さんですが、約束のネバーランド以外にどういった作品を描いているのでしょうか?

代表的なものをあげてみました。

  • はなさけ!はなかっぱ(小学館『てれびくん』2011年2月号 – 2013年8月号、原作:あきやまただし)
  • トマト目玉(小学館『月刊コロコロコミック』2013年8月号)
  • おっす!グレートアニマルカイザーゴッド(小学館『てれびくん』2013年9月号 – 2014年5月号)
  • おっす!グレートアニマルカイザービッガー(小学館『てれびくん』2014年6月号 – 2015年)
  • オレカバトル オレカモンスターズ冒険烈伝(小学館『別冊コロコロコミック』2013年10月号 – 2015年4月号)
  • 魔王だゼッ!! オレカバトル(小学館『月刊コロコロコミック』2015年4月号 – 12月号)
  • ポピィの願い(集英社『少年ジャンプ+』2016年2月18日配信、作画担当、原作:白井カイウ)

 

参考:Wikipedia-出水ぽすか

元々は「てれびくん」や「コロコロコミック」といった児童雑誌でイラストやマンガの連載などを書いていたそうです。

その後、「ポピィの願い」で白井カイウさんと初タッグを組んで「約束のネバーランド」の連載に繋がったという流れです。

それにしても、児童雑誌でのテイストと現在の絵柄では全く異なると思うのですが、どちらも描き分けられる画力がすごいですよね。

とにかく絵がすごい!

というわけで、出水ぽすかさんの画力に注目してみたいと思います。

約束のネバーランドでも、作中はもちろんコミックの表紙などでも繊細でリアルな絵を描かれていますが、趣味で色々描いているというPixivでもすごいです。

趣味といったレベルをはるかに超えたハイクオリティーな作品を数々と掲載しています。

出水ぽすかさんのPixiv

 

そんな出水さんは「出水ぽすかアートブック ポ~ン」という画集も出されています。

Twitterでも少しだけ絵が見られますが、

バイクのリアルな迫力といい、背景の緻密さといい、キャラクターの可愛さといい、語彙力がなくてうまい表現が見つかりませんがとにかく凄い!

出版されるべくして出版された画集といってもいいのではないでしょうか。

まとめ

  • 出水ぽすかさんは1988年生まれの女性
  • 元々は児童雑誌で連載などをしていた
  • 画集も出せるほどの素晴らしい画力

 

<参考>

週プレNEWS-話題の異色作『約束のネバーランド』著者が語る 「300ページの持込みからデビューまで」

このマンガがすごい!WEB-インタビュー

Wikipedia-出水ぽすか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です